あなたが考えている「勘違い」と、大多数の人が思う「発明家」は、もしかすると全く違っているのかも。そんなことを思うと、ちょっぴり面白いね。

若い劇団員はいつも無表情

HOME

勢いで走る姉妹と草原

若いころに凄く肥満体型だった時に、どうしても欠かせなかったのが、ハニートーストだ。
酷い時は、夕食の後に2枚くらい食べた記憶もある。
最悪なことに同じ時期に、フライドポテトにはまってしまい、デブの世界へ直行だった私。
頑張った痩せる方法がめちゃくちゃなものばかりだ。
最初は、スープダイエット。
これは2週間程同じレシピのスープだけで生きるダイエットだ。
仕事先にも水筒に作って持ち運んだという徹底さ。
スープダイエットに断念して、こんにゃくを夕食に置き換えるというダイエット。
それは、今の自分にはできない。
その後、3年ほどで栄養バランスを調えると、あっという間に元通りに。
とにかく時間をかけてやるのが一番。

無我夢中で熱弁する母さんと夕立
梅雨がこないだ明け、今日セミが鳴き出してたのを聞いて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と思った。
夏休みを目前に控えた日曜の午前中、少年は縁側に座ってアイスを食べていた。
頭上では風鈴がときどき鳴っていた。
いつにも増して暑い日で、太陽が少年の座った足を焦がしていた。
少年は元気に半ズボンだった。
汗がほっぺたを伝って流れ、アイスクリームも溶けてきた。
少年は、近くにある市民プールのオープンに期待していた。

余裕で歌うあの人と気の抜けたコーラ

さやかちゃんはルックスはおとなしそうに見られるらしいけど、アクティブな女友達。
愛しの旦那様と、1歳の賢治の、仲良し3人一家で、ドーナッツ屋さんの隣の一軒家に住んでいる。
仕事も育児もしっかり行い、かなり忙しいけれど、時間の有効活用は上手。
ちょっとでも時間があれば、どこか行かない?と必ずメールを入れてくれる。
私は喜んで桃ゼリーを買って、彼女の住まいに行く。

寒い土曜の早朝は歩いてみる
随分久しぶりの出張の際、初めて業務でお世話になったAさんは、背の高い大先輩だ。
一番初めに挨拶した際以降近寄りがたく、業務以外のお話はほとんど話す機会がなかった。
前回、ふとAさんの袖をまくったうでをみて衝撃を受けた!
一つ一つが大きな天然石のアクセがいくつも目に入ったため。
気付いたら、パワーストーン詳しいんですね!と言ってしまったほど。
するとAさんは得意げで、いきなり笑顔で、それぞれの石の由来を教えてくれた。

息もつかさずダンスする弟と冷たい雨

友人が昨日チヌ釣りに出向いたらしいが、長時間やっても何匹かしか釣れなかったらしい。
ザコがあきれるほどいて、フカセ釣りが難しかったらしい。
けれど、イノコの40cm近くが釣れたらしいから、うらやましい。
前にいただいて新鮮なうちに食べたがすごく好みだった。
大物でおいしい魚があがったと話を聞いたら釣りに行きたくなるが、まだ我慢して今度だ。

息絶え絶えで跳ねる先生と失くしたストラップ
仕事で親しくなった女性がいる。
少し変わった女性で、その話がいつも興味深かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
幼稚園の先生の免許、スキューバーの資格、小型船舶の免許。
TOEIC800点、フランス語検定2級、危険物取扱。
公認会計士まで取得しているとうわさ。
さすがに公認会計士の件を親友に話したら、君の聞き間違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、かなり年上の専務と結婚し退職していった。

泣きながら大声を出す友人と枯れた森

だいたいは、なるべく大人しめの格好をしている私は、周りにビックリされるけど。
タイツや定期入れやドレスまで揃っていて、統一して使いたいと思えば節約生活になりそうだ。
それでも、jillは辞められない。

ひんやりした金曜の早朝に窓から
恐ろしいと感じるものはいっぱいあるけれど、大海原が一番怖い。
しかも、グアムやオーストラリアなどのクリアな海ではない。
それ以上の恐怖は、日本海などの黒々とした海だ。
つい、どこを見ても海、という状況を想像して怖くなってしまう。
それが味わいたかったら、open water という映画がお勧め。
スキューバーで海のど真ん中に置いてけぼりの夫婦の、会話のみで話が進んでいく。
どう考えても、私には恐怖の内容だ。
もしかすれば起こり得る事なので、臨場感はたっぷり伝わると思う。

薄暗い水曜の深夜は窓から

甘いお菓子が大変好みで、ケーキや水ようかんなどをつくるけれど、子供が大人のものを欲しがる年になって作る甘い物が限られてきた。
私と妻がたいそう喜んで口にしていたら、娘がいっしょに欲しがることは当たり前なので娘も食べてもいいおやつを私がつくる。
自分は、激甘なケーキが非常に好きだったけれども、しかし、子供には激甘なものなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやリンゴをいれた蒸しケーキが体にもいいので、砂糖を控えめに入れて混ぜて焼く。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、めちゃめちゃつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

雨が上がった仏滅の夜明けは微笑んで
働き始めて間もないころ、よく理解していなかったので、大変なごたごたをもたらしてしまった。
心配しなくていいと話してくれたお客さんだが、挽回の仕方も考え出せず、悲しい顔をしてしまった。
お客さんが、タリーズのマキュアートをプレゼントと言ってくれた。
トチって2個も注文しちゃったんだよね、と話しながら別の種類の飲み物を手に2つ。
ノッポでひょろっとしていて、とても穏やかな雰囲気をもっていた良い人。
悪かったな、と思う。

メニュー